ローヤルゼリーとプラセンタ、それぞれのメリット
ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーとプラセンタ、それぞれのメリット

ローヤルゼリーは、女王蜂の食べ物です。
日本語では、王乳と書くことがあります。
約40種類の栄養素が含まれていますが、主な成分には、アミノ酸、ビタミンB群、デセン酸があります。
ローヤルゼリーのメリットは、独特の成分であるデセン酸が、脂肪酸の一種で、女性ホルモンに近い作用、血糖値の上昇抑制、コレステロール濃度を低下させる働きがあると言われていることです。
ローヤルゼリーの摂取方法としては、サプリメント、カプセル、ドリンク、菓子、化粧品、他の有効成分との混合製品があります。
プラセンタは、主に人や豚、馬の胎盤を基に作られます。
ヒトプラセンタは注射という方法で、肝機能障害や更年期障害などの治療用に使われます。
馬プラセンタは、他のものより有効成分を多く含みます。
豚プラセンタは一般的なプラセンタ製品に利用され、馬プラセンタに比べてリーズナブルです。
プラセンタのメリットは、有効成分に酵素、アミノ酸、脂肪酸、活性ペプチド、ムコ多糖体、核酸、サイトカイン、成長因子(グロースファクター)などがあり、細胞の再生や成長を促し、アンチエイジング効果が期待できることです。
プラセンタの摂取方法としては、サプリメント、美容液、他の栄養成分とのミックス製品、注射があります。
どちらがあなたの体に合うかは、試してみるしかありませんね。
そして、ローヤルゼリーとプラセンタのミックス製品も販売されています。